スポンサーリンク

【山田うどんのパンチ定食がうまい!】おすすめの食べ方を発見しました!

目次

スポンサーリンク

【山田うどんのパンチ定食がうまい!】おすすめの食べ方を発見!

山田うどん食堂は、埼玉を中心に展開している人気のチェーン店です。

今回は、山田うどん食堂の『パンチ食べくらべ定食』を食レポします。

パンチ定食は山田うどん食堂でも人気のメニューであり、もつ煮のことをパンチと呼んでいます。

パンチ食べくらべ定食では、定番のもつ煮と赤パンチという辛みの効いたもつ煮を食べ比べることができます。

パンチ定食のおすすめの食べ方についても紹介したいと思います。

 

↓↓山田うどんのランチメニューもまとめています。

山田うどんの日替わりセットはボリューム満点!ランチにおすすめ!

 

山田うどん食堂 パンチ定食メニュー・値段

・パンチ食べくらべ定食 670円
(ライス・みそ汁・とろろ小鉢付き)

・パンチ定食 (もつ煮込み) 640円
(ライス・みそ汁・とろろ小鉢付き)

・赤パンチ(もつ煮込み)定食 690円
(ライス・みそ汁・とろろ小鉢付き)

 

パンチ定食を実食してみた感想!おすすめの食べ方を紹介!

パンチ食べくらべ定食を注文しました。

価格は670円です。

ライス・みそ汁・とろろ小鉢がセットになっています。

パンチと赤パンチの2種類を食べ比べることができる定食です。

 

パンチはしっかりと煮込まれていて、旨味が凝縮されています。

モツは臭みがなく、味もしっかりと染みています。

白味噌のような旨味や甘味を感じられる味です。

具材は大根・メンマ、ネギが入っています。

大根も味が染みこんでいて、旨味が凝縮されています。

メンマはシャキシャキ食感で、全体のバランスを整えてくれています。

 

赤パンチは、麻辣醤に数種類の唐辛子をブレンドされているそうです。

一口食べてみると、後から辛みが増してきて、思っていたよりも辛めです。

もつの旨味と辛さが相まって、旨辛を演出しています。

クセになる辛さになっているので、絶妙な辛味です!

 

定食にはとろろ小鉢がセットになっていますが、食べ進めていくうちに、とろろの必要性がわかってきました。

 

みそ汁にはネギとワカメが入っています。

シンプルな味噌汁が一番旨いかも。

もつ煮と味噌汁の相性も完璧です。

 

とろろは醤油をかけて、ご飯の上にかけました。

もつ煮のタレをかけると、旨味がさらに増します。

 

もつ煮は、とろろかけご飯の上にトントンさせて食べれば間違いないです。

ご飯ともつ煮の間にあるとろろが、しっかりとバランスを整えてもらえます。

パンチと赤パンチを混ぜて食べると中辛になり、マイルド感が増しますよ!

もつ煮って、お酒のつまみではなく、ご飯のお供だったんですね。

 

山田うどん パンチ 持ち帰り(冷凍)

山田うどん食堂のパンチと赤パンチは、店頭で持ち帰り(テイクアウト)が可能です。

パンチは800円で、赤パンチは900円で購入することができます。

自宅でもパンチ定食が味わえますね!!

 

まとめ

パンチ定食は山田うどん食堂の人気メニューですが、人気の理由がわかるくらい完璧な定食でした。

普通のパンチだけでなく、赤パンチもしっかりと存在感があり、ただ辛いだけではなかったです。

食べ比べ定食だと、お得に2種類を食べることができるので、オススメしたいです!

山田うどん食堂に行かれる際は、パンチ定食は必ず食べた方がよいメニューだと思います。